運のよさは変えられる

投稿者: | 2019-05-27

昔のメルマガからの転載④

お目通しありがとうございます。
今回は、ケーススタディを1回お休みして、
運のよさは考え方と行動で変わるという研究を紹介したいと思います。
ケーススタディのネタがなくなったわけではないですよw

幸運を掴むためののメルマガなのに、
なんで考え方のケーススタディばっかりしてるのか、
その理由を改めて知ってもらうと、読み甲斐が出てくると思いまして。

リチャード・ワイズマン博士。
運の良い人と悪い人の違いを研究し、
実験をしてみたところ、運のいい人は用意したお金を拾い、
運の悪い人は用意したお金を拾わないという違いが起こることを突き止めました。

◇運のいい人の法則
http://www.amazon.co.jp/dp/4042982255/

統計を元にしているため、自身の経験談のようなものではなく、
信憑性が高い情報です。

前回のメルマガで、体が弱いことを運がいいと思えるかどうか。
そんなケーススタディをしました。
運の良い人とは、そういった物事の良い部分をみて、ポジティブな気持ちを維持し、
そして、ポジティブに行動に移していくことで運がどんどん高まっていく人を指します。

逆に物事の悪い部分を見つけ、不安になるような考え方をし、
行動をどんどん制限していくことで、目の前のチャンスが「不運を招くもの」に見え、
チャンスに手を伸ばすような挑戦をしなくなり、最終的に不運になっていきます。

失敗しないように生きると、
不運を免れながら人生を送れるはずだと錯覚しがちですが、
実際に自分が不運を免れて幸せになっているかどうか考えてみると良いです。

自信を持って幸せだと言えないのであれば、
失敗しないようにと判断し、行動していることに誤りがあるようです。

何を考え、どう行動すれば、
自信をもって幸せだ、自分は運がいいと言えるようになるか。
このメルマガで一緒に追求していきましょう。

これで第4回めは終了です。
最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA