幸せに関してわかってきていること_お金と人間関係と幸福と満足の関係性

投稿者: | 2019-04-24

日本は、経済的にも発展し、色んな便利があるけれど、幸福度の低い先進国。

2019年の順位では日本は58位でした。

自己肯定感が高まらない日本。

なぜ幸せになれないのか?

どうすれば幸せになれるのか?

幸せとはどういう状態なのか?

自分は、日本の幸福度を高められるような一助がしたい。そんな人生を送りたいと思っています。

統計や長年の調査で、科学的な側面からわかってきている事をこの記事で整理してみたいと思います。

収入と幸せの関係性

収入と幸せは、
一定の関係性はあるようです。

◇年収と幸せ〜私たちは年収400万と1000万で幸福を感じる
https://www.motivation-up.com/whats/moneyhappy.html

年収400〜600万の帯域までは、幸福度は年収と比例して伸びるようです。

そこから先は少し伸びが停滞しますが、1000万〜1200万の帯域でピークになり、1200万を超えると微減していくという統計があります。

忙しさやプレッシャー、満たされ過ぎて逆に欲求がなくなってしまうなどの理由が考えられます。

結婚してる場合は、
世帯収入として見てもいいのでしょう。
そして、地方と首都圏とで少し差はあると思います。

幸せになるための材料は良質な人間関係

◇700人を75年間追跡した研究からわかった「幸せな人生を送る秘訣」
https://www.lifehacker.jp/2017/03/170309_science_of_good_life.html

「幸せ」に影響を与えるのは、
「良質な人間関係(愛)」です。

やりがいのある仕事や収入などがあっても、
人間関係が良質でなければ、結局は幸福を得られないようです。

幸せはお金で買える。使い方にはコツがあるけど

お金で幸せは買えます。

◇「幸せはお金で買えます。正しく使えば」 あなたの人生観を変える、お金と幸福のハナシ
https://logmi.jp/business/articles/44384

使い方にコツがあります。
自分のために使っても、
一瞬の満足感で終わり、
幸福感には繋がらない。

他者への使い道に、
幸福感との繋がりがあるようです。

お金に限らず、
自分のメリットを追求しても、
満足感しか得られないので、
幸福感を得るなら、
他者のメリットを考える事が重要なのだと感じます。

結果的に、それが「良質な人間関係」にも繋がる。
幸福が得られるわけです。

他者のために動く。お金を使ったり労力を使ったりする事で、関係性を良質にして、幸福感へ繋がっていく。

他者のために動くには

◇「与える人」と「奪う人」—あなたはどっち?
https://www.ted.com/talks/adam_grant_are_you_a_giver_or_a_taker/transcript?language=ja

他者のために動く人をギバーと言います。
ただ、ギバーでも損する人はいるので、
「自己犠牲」がギバーではないというのは注意が必要です。

助け合いの環境があれば、
ギバーが最高の成果を出します。

誰かが裏切るような組織体にいると、
搾取されて終わってしまうので、
助け合えるメンバーで、お互いのメリットのために動き、お互いに頼りにしあうと、ギバーが最大の成果を出します。

組織に腐ったミカンが混じっていると危険なわけですね。腐敗が広がっていく。
腐ったミカンがいなければ、ギバーの精神が広がっていく。
チームの成果、幸福感は増していくでしょう。

もし、あなたが組織の意思決定者なら、テイカーを組織に残さない。テイカーを組織に入れない事に力を注ぎましょう。

あなたが意思決定者でなければ、意思決定者と会話し、テイカーの存在を意思決定者に教えてあげてください。

排除を進言しなくても良いのです。どんな搾取が行われているか、組織のモチベーション総量に悪影響を与えている出来事を教えるだけで良いです。

判断は、意思決定者に委ねます。

意思決定者がテイカーを優先するなら、あなたがその組織から抜ける手段の方が安全です。

異動希望や転職に希望を見出す方が安全でしょう。

テイカーを組織に入れない事、テイカーとの距離のとり方を学ぶこと、自身がテイカーにならないようにする事が幸福について重要な点です。

カテゴリー: 幸せ

工藤 明善 について

IT企業に勤める3児のパパです。 1978年生まれ。青森県出身。 PCインストラクター  ⇒サーバ・ネットワーク管理   ⇒カスタマーサポート な経験を経て、ITと人のサポートが得意。 たくさんの面談を通して怒りや不安など、 多くの感情に触れ、心理や脳科学を自学し、 "人"というものを知って人間関係を築いてきました。 人に何かを教えて人の役に立つのが大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA