「ラクをしたい」という仕事の信条

投稿者: | 2018-03-21

「努力が嫌いな知識武装家」という自称を始めました。
仕事の信条が「ラクをしたい」なので、努力とは少し逆だろうなぁと。

なにゆえにそんな信条なのか、
なにゆえにそれが知識武装につながるのか、
そんなことを記事にしてみます。

「ラク」とは何か?

漢字で書くと、「ラク」は「楽」と書きます。
「楽しい」という字。

ラクであることと楽しいこととは関係性が深いのです。

たとえば、いくらラクそうな状態になっても、
楽しくなければ「退屈」「暇」という状態になります。

忙しい時、困難な時、「あー、もっとラクな仕事ないかなぁ」と考えますが、
楽しい仕事でなければ「やりがいがない」と悩むようになります。

「楽しいこと」が「ラク」に強く影響を与えているわけです。

そんな私は、
・楽しくなければ仕事じゃない。
・楽しくなければただの作業だ。
仕事が楽しければ、ストレス発散の必要性も薄れ、
プライベートで羽目を外さなくても心のバランスが取りやすい。
みたいなことを考えています。

仕事の信条が「ラクをしたい」というのは、
「仕事もプライベートもバランスよく充実させたい」という意味です。

努力とは何か?

日本では、苦労と努力がごっちゃになっているような印象があります。
苦労しない人が成功すると、ズルいと考える傾向にある。

「工夫と努力が別物」であるかのような考え。

自分の中では、工夫が努力を指すイメージが強いので、
一生懸命やることは努力ではないというイメージがあります。

ただ、世間では、一生懸命やることを推奨し、
それが努力であるように映りがちです。

自分には、一生懸命というのは「苦労」に映るので、
世間一般が思うような努力と違ってそうです。

世間一般が思うような努力だったら、
自分はやりたくないなぁということで、
「努力が嫌いな知識武装家」と銘打っております。

他の人が一生懸命やっててもいいんですが、
「もうちょっと工夫して、ラクをしようとしてもいいと思うんだけどなぁ」
みたいな風には思っちゃうのです。

他の人の努力を否定しないようにはしていますが、
自分はあの頑張り方はできないとは思うのです。

知識武装とは何か?

「ラクをするためには何をすればいいか?」
を考えた結果、たどり着いたのが知識武装でした。

答えを知らないと悩みます。
答えを知っていると悩まずに行動できます。

エスパーやニュータイプじゃないので【答え】はわからないものの、
【答えに近いもの】なら本を読んだりネットで調べたり、
知識を入れておくことで補完できます。

ビジネスの成功者や家庭・育児の成功者、
ビジネスの研究者や家庭・育児の研究者が、
経験やデータから【答えのようなもの】を出し、
それを本にしてくれています。

そういった本を読むことで、
仕事や人生の攻略本を読んでいるような状態に。

ゲームで遊ぶときも、
私は攻略情報をネットで調べたりしながら遊びます。
成功確率をできるだけ高くして遊ぶ。

攻略本を読む事は、
決して「努力している」とは言わないですよね。

いろんな本を読んで、
仕事や人生の成功率を上げるのは、
やはり「努力している」とは言えない。

そんなわけで、
【努力せずにラクして仕事をする】
には、本やネットから情報を手に入れておく、
【知識武装】という手段を選んでいます。

私にとって【知識武装】とは、
【ラク】をするための工夫です。

知識武装がもたらしたものは

知識武装により、悩むことがほとんどなくなりました。
事前に答えらしきものがわかっているからです。

知識武装により、不安を感じることがほとんどなくなりました。
なぜなら、調べれば、ほぼほぼ答えが出てくると知っているからです。

「○○ 研究結果」
「○○ 方法」
で調べれば、大抵のことは答えらしきものが出てきます。

図書館で、1ミリでも興味が湧いたものを読んでおくと、
1年以内にその知識を使う機会が出てきます。

知識があると、多くの事をすでに知っている状態になるので、
悩むことも減り、自信が増し、人生に余裕が出てきます。
余裕が出ると、ラクになります。

知識武装は、自信を与えてくれて余裕をもたらします。
悩む機会を減らし、ストレスが最小になります。

どこまで知識が溜まれば知識武装なのか?

それはまだ私もわかりません。

年に100冊本を読み、それが年に50冊、年に25冊と減っていった頃、
たいていのことで悩まなくなりました。
悩まなくなったので、
インプットよりもアウトプットの時間が増えていきました。

インプットしたものは、使ってナンボ。
アウトプットの量が増えることで、
知識が濃厚な経験へと変化している感覚があります。

感覚的には、私は7年ぐらいの知識武装で、
ほぼ悩まなくなった気がします。
「困難だ」と思うことは年に数えるほど。
たいていの事は知っているか、どう調べれば答えが出るかがわかります。

ラクに人生を送る一つの手段でしかないですが、
学びが好きな方には、知識武装をおススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA