このサイトの趣旨

投稿者: | 2017年11月23日

本日、2017/11/23からサイトオープン。
仕事をラクにしようと考えるこのサイト、
勤労を感謝する日にスタートとなりました。

記念すべき1回目の投稿は、このサイトの説明からいきましょう。

サイトを作ろうと思った2つの理由

「ラクをしたい」なら知識が必要

このサイトを作ろうと思った理由の1つは、私の仕事上の信条です。

「ラクをしたい」
私が仕事をするうえで大事にしている信条です。

「ラク」というのは「楽しい」という字を書きます。
楽しくないと、実は楽じゃない。「退屈」「ヒマ」になります。

サボると、「ラク」じゃなくて「退屈」になり、
評価が下がって収入も上がらず、買いたいものも自由に買えないので、意外と「ラク」じゃない。楽しい思いが少ない。

極端に言えば、楽しければ「ラク」になります。
はたからみると忙しそうに見えてても、本人は「ラク」だと感じているかもしれない。

好きこそものの上手なれで、好きなことは得意になり、
得意なことは楽しみながらできるので、忙しくても「ラク」に感じる。

好きじゃないこと、得意じゃないこと、いやいややっていることは、
「ラク」じゃない。

では、ラクをするためにはどうなっていればいいか?

得意になっていれば良い。
答えを知っていれば悩むことがない。
楽しいと感じる考え方を知っていれば、常に思考を切り替えられる。

それを実現するための手段として、
私がたどり着いた答えは「知識武装」でした。

ラクをするために予習しておく。知識を事前にためておく。
苦労しない方法でためておく。

ゲームの攻略本を読むかのように人生の攻略本を読む感覚で本を読む。
本はなるべく図書館で借りて、出費を抑え、かつ、税金を有効活用。

雑学系のテレビ番組を一家団欒タイムで見て楽しみなら知識を増やし、
お笑い番組でユーモアやコミュニケーションスキルを学ぶ。

生活の一部にすることで、努力をしている感覚もなく知識武装が進みます。

幸せは良質な人間関係で作られる

このサイトを作ろうと思った理由のもう1つは、
ネットを通じて多くの人の役に立つためです。

根拠となったのは1つの動画でした。

◇ロバート・ウォールディンガー: 人生を幸せにするのは何? 最も長期に渡る幸福の研究から | TED Talk | TED.com
https://www.ted.com/talks/robert_waldinger_what_makes_a_good_life_lessons_from_the_longest_study_on_happiness/transcript?language=ja

75年間にもおよぶ研究のすえ、
幸福になる条件は何かが解き明かされました。
その条件とは「良質な人間関係」です。

「良質な人間関係」がなければ、
仕事で成功しても、莫大な財産を得ても、美形パートナーと結ばれても、
幸せを得ることができない。

では、「良質な人間関係」得るための手段は?

それは、人の役に立つように生きていくこと。

人は、自分のために頑張っても、幸福感を得続けることができず、
どこかで虚しさに変わってしまう。

人の役に立って感謝やお金をもらい続けることで、
幸福感を得続けることができるうえに、
役に立つ人は人間関係を構築しやすい。

身近な人の役に立つことができていて、
人生の幸福度や満足感としては、現時点で90点を超えている感覚があるので、
今度はその範囲を広げるために、このサイトを運営しようと考えました。

知識武装をお手伝いし、
仕事やプライベートをもっとラクで楽しいものにする一助をしたい。

結果的に、それが私自身の幸せにもつながるので。

サイトで取り扱うこと

知識武装「work」というからには、仕事で役立つ知識はもちろんのこと、
生活が便利になる知識や、イライラしないで済む考え方であったり、
私自身が嫌な気持ちでサイト運営しないで済むように、雑記もまじります。

そして、他の人の役に立つ方法は収入にもつながるはず。
というのを確かめる、実験する意味でも、アフィリエイトや広告も載せます。

本当に役立ちそうなものがあれば、ご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA